いつにすれば良いの?結婚指輪を購入するタイミング

結婚指輪購入のタイミングは悩みどころ

婚約してから結婚式までの間、どのタイミングで結婚指輪を作れば良いのかということは、なかなかの悩みどころと言えるでしょう。婚約から結婚式までの間にどのくらいのスパンがあるかにもよりますが、早過ぎても新鮮味が無くなるし、逆に結婚式直前ともなると準備に忙殺されて結婚指輪どころではなくなってしまいます。やはり、十分な余裕を持たせつつも、結婚式への期待感が高まってくる時期に用意したいものです。そのタイミングは人それぞれですが、結婚指輪の用意の時期で注意しておくべきことをしっかり押さえておきましょう。

やはり作成には時間がかかる

一生に一度のことなので、結婚指輪をフルオーダーで作りたいと思うのが人情でしょう。しかし当然ですが、ゼロから作成することになるのでレディメイドの結婚指輪よりは確実に時間がかかります。その点を考慮した上で、しっかり結婚式に間に合うように製作を依頼するようにしなければなりません。作成する内容や製作してくれるところにもよりますが、一般的に2ヶ月前後は時間がかかると踏んでおいた方が確実です。従ってフルオーダーで結婚指輪を用意する場合は、少なくとも作成の依頼を結婚式の3ヶ月前からは行っておくべきでしょう。

既製品の場合でも十分な注意が必要

ならば、レディメイドの結婚指輪なら時間がかからないのかと言われると、そうでもありません。レディメイドの結婚指輪でも引き渡すまでに各種調整や若干のデザイン変更を行うために、実際はセミオーダーと認識すべきでしょう。そのために少なくとも準備に1ヶ月程度は時間がかかると思っておくべきです。また、永遠の象徴である円環を崩すサイズ調整を結婚指輪で行うのは縁起が悪いため、容易にレディメイドを準備できない可能性もあります。やはりこちらも、結婚式から3ヶ月ほど前からは準備するように心がけておきましょう。

結婚指輪は入籍をした時や結婚式をした時などから左手薬指につけるもので結婚生活をする上では必要なものです。