屋上緑化とともに注目を浴びている壁面緑化!

屋上緑化とはちょっと違う壁面緑化の良さ!

人が集まる都市では中々緑豊かな空間をつくるのって難しいですよね?つくったとしても一箇所に集中してしまいがちのことも多いです。そんななか、屋上緑化とともに注目されているのが壁面緑化です!緑の面積のが少ない都市では、壁面のようなちょっとした空間も緑にとっては大切な空間でもあります。また、屋上緑化に比べて面積が確保しやすく、簡単にできるということで人気も高まっています。屋上はないけれど、壁面ならいくらでも!という家も多いのではないでしょうか?少しでも緑を増やして快適に過ごせるように検討してみてはいかがですか?

壁面緑化による効果はどんなものがある?

壁面緑化による効果は、屋上緑化と大体一緒です。緑で覆うことで温暖化を緩和し、室内の温度の上昇も防いでくれるので結果的にエアコンの使用が減少し省エネルギーになります。また、空気の浄化作用もあります。壁面緑化をすることは、構造物の保護もしてくれるんです!壁材は、直射日光を浴びることで急激に温度変化をし、膨張や圧縮が起き、ひび割れなどの劣化が生じます。それらの影響から壁面を守ってくれると同時に、酸性雨などからの影響も防いでくれます。最近では、壁面への落書きであったり、ポスターを貼ることからも防いでくれるということでも注目を浴びています!

壁面緑化にはどんな植物がいい?

壁面緑化に適した植物は、基本的に生長が早く、上に向かって伸びるツル植物が適しています。壁面緑化をすることで景観づくりをすることもできるので、それに合った植物がいいと思います!一般的に人気であるのが「ヘデラ」という植物です。このヘデラは、常緑なので、壁面を1年中緑に保ってくれます。壁面緑化は屋上緑化と違って、多くの人の目に留まるものです。大都市のビル群でも、緑が少しでもあることで目に優しくなるし、ほっとしますよね?自分のお気に入りの植物を見つけて、多くの人に心地よさを与えてくれる壁面緑化に挑戦してみてください!

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせる処置を指します。建物の断熱性を向上させる効果がありますが、壁の造りによっては植物が絡まりにくいので事前に補助具などを取り付けておくことが大切です。