おしぼりの長い長い歴史とは!?なんと起源は平安時代から

おしぼりのルーツって?

喫茶店やレストランに行くと出てくる濡れた布。そう、「おしぼり」ですね。今日はおしぼりについてお話したいと思います。まずはこれで手を拭いてものを食べるわけですが、皆さんはおしぼりがいつ頃からあったかご存じですか?ルーツはなんと平安時代にまで遡るんです(『古事記』にもおしぼりに関する記述があったそうですよ)。公家が客人を家に招く時に濡れた布を提供しており、これがおしぼりの前身になったと言われています。

おしぼりの語源は江戸時代にあり!?

おしぼりが本格的に使われるようになったのは室町時代後期または江戸時代と言われています。江戸時代に木綿の手ぬぐいが普及したというのもおしぼりが普及した要因のようです。宿屋に水を張った桶と手ぬぐいが用意されており、宿泊客はその桶の水に手ぬぐいを浸して「絞り」、汚れた手足を拭いていたんだとか。これが「おしぼり」の語源と言われています。おしぼりは旅人の疲れを癒やすことから始まった、言うなれば日本固有のおもてなしの心なんですね。

近現代のおしぼりについて

戦時中はおしぼりというものは消えかけていましたが、戦後復興と高度経済成長期によってまたおしぼりの文化が復活してきました。最初のうちはおしぼりを自分の店でそれぞれが洗っていたのですが、それが間に合わなくなるとおしぼりのレンタルも生まれました。勿論おしぼりは衛生面が大事なものですから厳しいチェックが行われています。そのチェックをくぐり抜けると全国おしぼり協同組合連合会の「衛生マーク」を表示できるので、衛生面がクリアされてるかの基準になりますね。現代では海外にもおしぼり文化は輸出されており、国際線などで見ることができますよ。

タオルウォーマーは濡れタオルを任意の温度で保管する用途の性質上、機器の内部に湿気が籠りやすい点を注意します。カビや悪臭が発生しやすいので、使用する際はこまめに清掃を行って清潔に保つように心がけます。